HOME > 学校の様子 > スピーキングテスト(1年英語)

学校の様子

スピーキングテスト(1年英語)
2019年09月19日

 1年生の英語の授業でスピーキングテストを実施しました。外国人のAETと一人で会話をします。英語の勉強を始めてまだ半年の1年生にとっては緊張の様子でした。AETの先生はとても優しく接してくれます。「案ずるより産むが易し」「習うより慣れろ」といいますが、結構、会話を楽しめたようです。中には"YES”"YES”連発する子もいたとか???それもよし。まず接することです。

ラグビーのワールドカップ、来年の東京オリンピック等々が開催され多くの外国人が日本にやってきます。中津にはあまり関係ないかもしれませんが、これからの世の中、外国の方と接する機会はどんどん増えていくことに間違いありません。

 
他中の3人のAETが来てくれました。気のいい人たちです。   1の4 中原Tからスピーキングテストの説明

 
発音・内容・スラスラ度・リアクション・質問と答えを5段階で  待っている間、生徒同士で会話練習

 
4つの教室に分かれて1対1での会話              まず自己紹介をして、AETから質問がとんでくる。

 
やさしく質問をしてくれます。わからないときは笑顔で返せばいいんだ。

 
すぐに評価して                       外国人と話すのは初めての経験でしょうか?

 テストの後、教室に4人のAETが来てすべて英語でしゃべりながら、教室内を回って次々に生徒に質問しました。キョトンとした目もありましたが、何とか答えようとする姿が見られました。
中原Tの一言「こんな授業がいつもできるといいのになぁ」 確かに、いつもこれなら英会話が身につきそうです。