HOME > 学校の様子 > リサイクルミニ集会(1年生)

学校の様子

リサイクルミニ集会(1年生)
2019年04月24日

 4時間目に、中津市役所の方を講師に「ゴミの減量とリサイクル」についてお話がありました。
緑中の伝統である資源回収活動を進める上で、中津市のゴミの現状を知ること、ゴミの減量や分別、そして資源回収の必要性など知識としてしっかりと身に付けておく必要があります。市役所の方から詳しくお話を頂きました。家庭でゴミの出し方を意識できると、ずっとゴミが減ることがわかりました。

 
ときどき見かけるクリーンプラザの宣伝カー         お二人の方が来校されました。

 
1年生反応がいい。知ってる人?「は~い」と手が上がる    聞く姿勢もいいですね Very good

 
プロジェクターを使って説明がありました。           1年生学年生徒会が会を進行しました。

 
「お菓子の空き箱 これも雑紙としてリサイクルできます。」  代表して2人が感想を述べました。

 
わかったことを具体的に含んで感想を述べる。         最後に、御礼の言葉です。

市役所の方から
「とにかくゴミを減量する必要があります。ゴミ袋が中津市では無償ですが、このままでは有料化になりそうです。ビン、ペットボトルや缶などを洗って、燃えないゴミとして出して欲しい。雑紙は資源として透明の袋に入れて出して下さい。」等々。

緑中では以下の3つの資源回収活動を行います。
○日常活動として各クラスでは紙類を捨てずにためます。
○毎月期間を決めて、登校時に学校に資源(雑誌・段ボール・新聞紙・一升瓶など)を持ってきます。
○7月2日(火)に生徒全員が校区を廻って全校一斉資源回収活動を行います。