HOME > 学校からのお知らせ > 数学科提案授業を行いました

学校からのお知らせ

数学科提案授業を行いました
2020年09月26日

「みんな活躍型授業」をめざして昨年から取り組んできている緑ヶ丘中学校ですが,今年度初めて,市内の小中学校の先生方に呼びかけて提案授業を行いました。市教委や教育事務所,鶴居小学校の先生方の参観される中,3年5組の子どもたちが意欲的に集中して授業に取り組む様子が伺えました。教材は碁石を三角形に積み重ねるときに,何個の碁石を必要とするのだろうか?

というものです。

1番目,2番目,3番目…に使われる碁石の数は三角数と呼ばれる数字の列で,x番目の碁石の数を文字式で表すと高校でも出てくる形になります。

子どもたちは「碁石の数が171個となる三角形をつくる場合,何番目の三角形になるのか」を二次方程式で考えました。文字式で表すのはとても難しく,一回で思いつく人などはなかなかいません。ここで「ぶらぶらタイム」の登場です。何人もの仲間と相談し,知恵を出し合います。少しずつ解答に近づき,徐々に立式していきます。自分の解答に自信なさげの人もいましたが,「あ,そうか」と声に出す子どもたち。「分かった」の瞬間です。どの子どもたちも生き生きと活動に取り組んでおり,素晴らしい姿だったと思います。

3年間見て下さっていた指導主事の先生方も,「成長したなぁ」とびっくりされていました。これが今の緑中です。これからもみんなが活躍する授業展開をめざして頑張りたいと思います。保護者の皆様や地域の皆様方に感謝して子どもたちの成長を願います。