HOME > 学校からのお知らせ > 86日間の2学期無事終了しました。大変お世話になりました。

学校からのお知らせ

86日間の2学期無事終了しました。大変お世話になりました。
2020年12月24日

保護者の皆様へ

 86日間という長い2学期が、「無事に」終了する事が出来ました。8月20日、気温35度を越える中、熱中症対策を図りながら、コロナウイルス第2波に対しての対応を図らなければならない状況でスタートした2学期。この暑さの中では、体育大会の練習は危険すぎると、急遽、日程を10月7日の変更を決定した9月。2年生の修学旅行をどうするか、週1回、市内中学校校長会10名が集まり、協議を繰り返したこと。8月~9月は本当に厳しい状況でした。

 10月になり、2度の延期された体育大会でしたが、3年生の奮闘、頑張りのおかげで、大変盛り上がった大会で終了することができました。平日、しかも感染症対策等で保護者の皆様にご理解をいただき、350名近くの参加をいただきました。11月2日に実施された2年生の修学旅行では、県内1泊2日ではありましたが、2年生の多くの笑顔を見ることができました。中止にせず実施したことを、大変安堵いたしました。

 11月、合唱大会にむけての練習がスタートしました。フェイスガード(現在は禁止になっていますが)を購入していただき、これなら大丈夫と実施しました。当日まで開催できることを祈りながら、しかし、当日は保護者の皆様の参加も大変多く、生徒の合唱を多くの人に聴かせることができたことに大変嬉しく思いました。また11月は、人権学習を3学年ともに取り組みました。生徒一人一人が差別の歴史を学び、差別のない世の中にしていくためにはどう行動すればよいか、考える時間ができたことは、本校にとってはとても大切な時間であったと考えます。

 12月、今年度初めての授業参観を行いました。1年生の保護者の皆様にとっては、中学校の授業、教室をみるのも初めての方もいらっしゃったと思います。生徒の活動をお見せすることができ、今後の活動にご支援ご協力をいただく良い機会になったと思います。

 さて、世の中は新型コロナウイルス感染症第3波への対応に、マスコミ、行政が一体となって感染防止を訴えています。大分県内でも中津市でも感染陽性者が出現しており、この冬季休業中、年末年始の人の交流、飲食の機会、親戚家族の交流等、感染拡大する要因が増える時期になります。来年の今頃は、私達全員、ワクチンの接種を受け、「昨年の今頃は大変だったなあ」と言える日がきてほしいと願うばかりですが。長いマラソンを走っているようで、ゴールがまだ、見えませんが、今年はいつもと違う年末年始を送らなければならないと全員が考え行動することが必要だと考えます。

 生徒・保護者の皆様、そしてご家族の皆様が、安全で安心な生活を送れますよう、心から願っております。1月8日、生徒が明るい元気な笑顔で登校し、校門前でいつも以上に「おはようございます」と挨拶してくれることを楽しみにしております。

 今年1年間、豊陽中学校の活動に対しまして、ご理解とご支援を賜りましたこと、本当に有難うございました。来年も今まで以上にご協力いただくことをお願いして、年末のごあいさつとさせていただきます。

                            令和2年12月24日 中津市立豊陽中学校 校長 工藤康志

    ★2学期終業式校長式辞

 ICT機器を購入し、全学級準備が出来ましたので、リモートでの終業式を行いました。リハーサル3回。ドキドキの連続でした。

 生徒は教室で静かにスクリーンを見ていたそうです。場所は校長室から。校長式辞、学年代表感想発表、生活、保健から。最後

 に表彰部活動及び作品表彰。体育館から校長室へ。初めての事でしたが無事に終えてホッとしています