HOME > 学校からのお知らせ > 大分大学附属小学校 時松教頭先生視察来校

学校からのお知らせ

大分大学附属小学校 時松教頭先生視察来校
2019年03月18日

中津市のスーパーアドバイザーであり、本校でも昨年度と今年度授業をして頂いた、
菊池省三先生の実践を全校挙げて、組織的、発展的に取り組まれている、
大分大学教育学部附属小学校 時松哲也教頭先生が、本校を訪れました。

ほめ言葉のシャワーや成長ノートなどを全校あげて取り組んでおり、
また、小学校1年生から英語を取り組むなど、大分、全国をリードしている小学校です。

今日は良い情報交換ができました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

共に、ほめて、認めて、感謝するような学校を創り上げましょう!がっちり握手です

      

褒め言葉トランプで遊びました!!附属小でも実践してくださいね!!そして、情報交換しましょう。

価値語+写真に関心をもっていただきました 社会は「第1次世界大戦に日本は参戦すべきか」 道徳のスタイルが教科で活かされます
数学は論理的に考える問題です 隅々まで丁寧に見てくださっています 大変褒めて頂きました。さすがです。
1年生の授業。 生徒が時松先生に質問をしました。 みんな先生の方を向いて集中して聴いています
無言清掃。ここまで磨く!! 一番汚れている私の机の下に潜って。 心を込めて磨き上げます。