HOME > 学校からのお知らせ > 平成30年度第2回学力向上会議(学校評議員会)

学校からのお知らせ

平成30年度第2回学力向上会議(学校評議員会)
2019年02月21日

第2回の学力向上会議と第3回学校評議員会を行いました。
お忙しい中、誠にありがとうございました。

<出席者>
中津市教育委員会学校教育課
 指導主事 板井 忠伸 様
 
豊陽中学校学校評議員
 田邉 久伍 様
 梶原 悦子 様
 河野 知子 様
 河内 広文 様

小学校
 沖代小学校 校  長 松垣 和年 様
 豊田小学校 主幹教諭 岩丸 伸一 様
 鶴居小学校 教  頭 田中 照光 様

豊陽中学校PTA役員
 会長 三重野 寛昭 様

<協議で出されたご意見>
・授業の様子や組織の説明を受け職員のチームワークが 素晴らしいと思った。
・授業を見て、教師一人一人の情熱と活力、迫力すら感じた。その思いは子ども達に乗り移っている。
・特に3年生の姿が素晴らしい。楽しく、仲良く、和やかに学習活動を行っている。
・3年生の数学の授業では、生徒2人ともに正解だが、考え方の違いを認めあっており、新たな学びを生み出している。
・本日の3年生の数学の授業が、本校の目指すべくゴールの姿だろう。
 先生がどこにいるかわからない。推進入試や私立入試ですでに合格が決定している生徒もいるだろうが、
 みんなが学びあい、全員真剣に取り組んでいる。家庭学習(予習)をしっかりした生徒が授業で生きている。
・主体的に取り組む姿が見られる。・キーワードは「自ら」だと感じた。生徒が主体的に学ぶような施策をすすめてほしい。
・これからも生徒会活動を活性化させてほしい。知識として取り込んだ事を実践してみんなで共有することでホンモノになる。
 課題解決の方法を考えて、実際にやってみることが大切。
・1年生の体育の時間、スリッパがきちんと揃っているのが素晴らしい。体育の時間で規律を学んでいるからだろう集会も良い。
・体育の時間に、きちんと振り返りをしており素晴らしい。自然に拍手がでていた。
・1年生の廊下に毎月の行動目標があった。それも、生徒が書いていたのが素晴らしい。生徒の良い点を伸ばしすためにも大切。
・大学入試が大きく変わる。それは、社会が求める力が大学だけでは完結できなくなってきたからだ。
 だから、高校や中学校でも求められる力が変化してきた。
・「公の場で通用する人の育成」のためのビジョンを示すことが大切。3年生の数学の授業のように具体の姿をイメージする。
 このようなクラスが良いという姿を示していくことが大切。
・社会科は暗記教科ではない。テストの点に一喜一憂するのではなく、これからもディベートや調べ学習を続けて欲しい。
・特に3年生の授業の雰囲気が良かった。数学や英語はテストのやり直しであったが、とても授業のテンポが良い。テンポが良い授業は密度が高い。
・中学校の先生が本気を出すとここまで変わるのかと思った。道徳の授業やほめほめタイム等は小学校とも連携して行いたい。
・授業をみながら、自分達で授業をすすめているような場面が多かった。これからもさらに進めて欲しい。

美術。直線で曲線が書けるかな? 3年生はみんなと一緒に過ごすのは残り15日 とても好評だった3年生数学の様子。
全員が学び合ってます。これが豊陽の目指す姿 正解でも、交流することで新たな発見がある。 お客様も時間を忘れて生徒の様子をみています
国語は作文をワープロソフトで入力 みんな打つのが速い。伝えたい思いも多い 根拠をもって説明しよう!
友達の考えをしっかり聞く姿はいいですね 教えた相手が分かってくれるとうれしいよね サッカーをやった後しっかり振り返ります。
見学者0。体操服忘れ0。シュートはたくさん 振り返りでは自然と拍手が スリッパを揃えるから気持ちもそろう。





自己紹介で盛り上がってます。 杵築市出身の方が多いことがわかりました? 教頭先生のプレゼン。素晴らしいです!!
新採用の田中先生が授業改善について 自治活動は田邉先生が熱く熱く説明します 来年度の方向性を教頭先生が熱弁です。熱いです



<学校評議員会資料の一部>

              平成30年度 豊陽中の特徴的な実績

                                                            平成31年2月21日

1 文化活動
 ○社会を明るくする運動作文コンテスト
    県入賞 2名    市入賞3名 (最優秀賞・優秀賞など上位3賞を独占)
 ○人権関係
   ・「作文コンクール」  県入賞 2名    市入賞 4名
   ・「標語」       市採用 1名
 ○税の作文コンクール
    中津税務署長賞 2名

2 特徴的な取り組み
 ○福島県中学校リーダーズサミットに本校3年生2名が参加。
 ○8月5日の平和の朗読劇「夏の雲は忘れない」に全校生徒が参観。
  渡辺美佐子さん、山口果林さん等女優さん達と共に、本校生徒5名が舞台で朗読
 ○国民文化祭「ボトムメール」の全校生徒が協力
 ○大分県中学校総合文化祭中津大会には、本校3年生が合唱を披露。

3 部活動、生徒会活動 
 ○野球部 
    大分県新人大会3位
  諭吉の里 第2回アクティブ・ラーナー育成実践研修会(ディベート大会)に参加
  花いっぱい運動(野球部、男子テニス部、サッカー部)
  朝のあいさつ運動
 ○水泳部
  山中すず(2年)九州大会に参加。中体連選手優秀者表彰
 ○生徒会活動
  中津市きれまち隊(市民ごみ拾いグループ)に登録し、1年生の有志が参加

4 マスコミ、雑誌等(部活、個人の入賞等は除く)
 ○雑誌
  ・ほめ達オブザイヤー2017特別賞 (タウンマガジン なかつ 2018年3月号)
  ・どうする学校経営(東京書籍「げんきの根っこ 2018年4月号」)
  ・学校ぐるみで取り組む(中村堂「白熱する教室」2019冬号)
  ・道徳の授業(小学館「総合教育技術 2018年7月号」)
 ○新聞等
  ・夏の雲は忘れないへ参加(8月 6日 大分合同新聞 )
  ・福島リーダーズサミットへ参加(9月21日 大分合同新聞)
  ・韓国で行ったほめる授業(11月24日 NOAS FM TOMOSATA に出演)
  ※「先生が輝くシンポジウム」の記事に一部紹介(10月24日 読売新聞 全国版)

5 学校表彰
 ○第38回全国中学生人権作文コンテスト(法務省及び全国人権擁護委員会連合会)
 ○日本教育公務員弘済会教育研究論文大分支部 県「最優秀賞」(3月4日大分県で表彰)
 ○第24回日教弘教育賞(主催:日教弘、後援:文科省)全国「最優秀賞」(3月14日東京で表彰)