HOME > 学校からのお知らせ > 中津教育事務所訪問

学校からのお知らせ

中津教育事務所訪問
2018年10月24日

第2回の中津教育事務所訪問がありました。
 内海真理子所長さんをはじめ、
 工藤克文次長
 川谷哲也総務課長
 小野裕史指導主事
 有光健一指導主事
 山川明宏指導主事
さらに、竹田教育事務所より山崎充指導主事
中津市教育委員会 岩久茂樹指導主事
8名の方がお越しに成り、ご指導を賜りました。


<ご指導を受けた点>
○授業に参加できていない生徒もいた。クラスの問題か?教科指導の問題か?
 分析を行い対応すべき
○道徳の授業で授業改善を行うという手法は懐疑的であったが、今日の3年社会の授業をみて
 進められると感じた。
○小学校との連携を深めるべきだ。
○加配教員の有効活用と検証を引き続き行ってほしい。
○学校は情報発信をしているが、保護者からの要望などをしっかり受け止めているか。
○「ねらい」は教師の立場で書く。「学習目標」は生徒の立場で書く。
 ねらいと学習目標が必ずしも一致しない場合もあるから2種類ある。
 略案は「ねらい」を書く。

昼休みは図書室で券をゲットした生徒が来ました なごやかな雰囲気ですね 無言清掃。校長室掃除は期待通りに頑張りました
お客さんが来ても来なくても真面目です。 雑巾の音だけが響きます。 さあ、事務所訪問準備OK
沢山の方がこられましたが、いつもどおり。 お客さんが来ると頑張ります。 笑顔があふれます。
真剣に考えていると手が動きますね。 ここでは学び合いです。 理科の実験は楽しみながら探求します。
規則がわかってきました。 数学は前に出て説明します。 修学旅行はきっと成功します。
みんなの気持ちがそろってきました。 難しくともあきらめない。

こちらは、英語のほめカードを使ってます。

数学はいつものとおり学び合い。 お客さんには関係無く動きます。 社会は立場を決めて、根拠をもって。
道徳で学んだことが生きます。 責任を取ることはとても大切だよね。 今日もしっかり学びました。