HOME > 学校からのお知らせ > 「夏の雲は忘れない」に全校生徒参加しました(平和授業)

学校からのお知らせ

「夏の雲は忘れない」に全校生徒参加しました(平和授業)
2018年08月05日

 原爆朗読劇「夏の雲は忘れない ヒロシマ・ナガサキ1945年」(大分合同新聞社後援)が
中津文化会館で開かれ、本校の生徒5名が共演し、さらに、全校生徒が参観しました。
 原爆の悲劇を読み伝える女優さん16人でつくる「夏の会」が、被爆者の証言や詩を基に
構成・制作し、全国で上演を続けています。
 今回は、渡辺美佐子さん、大原ますみさん、長内美那子さん、寺田路恵さん、柳川慶子さん、
山口果林さんの6名が出演しました。
 今回の中津公演は、八面山平和公園愛好会の50周年と、中津ライオンズクラブの60周年を
記念して、同愛好会の原爆朗読劇実行委員会(清源善二郎委員長)が主催しました。

 今日の朗読劇で、生徒達は多くのことを感じたことと思います。
 平和について、ご家庭でも話してみてはいかがでしょうか。

10時から練習です。なかなか難しいです。 一生懸命頑張ってます。みるみる上達します 「劇団仲間」の池田舞さんが優しく指導します
池田さんのとおりにやるとどんどんできます 見違えるようになってきました。 いよいよ舞台でリハーサルです。
後ろの席まで届くように 大女優さんたちと顔合わせ。緊張してます。 リハーサル。気合いが入ってきました。
リハーサルです。気持ちが入ってきました リハーサル。大女優さんと共演でき最高です 12時30分。全校生徒も集まってきました。
しっかり予習してのぞんでいますね。 久しぶりに会って嬉しいよね。 本番前には会話が弾みます。切替スピードが大切
無事に大役を終えました。達成感! お客様とロビーで対話をします。 無茶振り対応もバッチリです。