HOME > 学校からのお知らせ > よーこそ豊陽中へ(福岡県の福祉関係の職員さん。ほめる・平和)

学校からのお知らせ

よーこそ豊陽中へ(福岡県の福祉関係の職員さん。ほめる・平和)
2017年07月24日

本日は、福岡県の福祉施設に勤務されている、室山隆行さんが、本校にお越しくださいました。

福祉施設においても、ほめることがとても大切だとおっしゃていました。
また、高齢者施設においては、何度も同じ話しを聞くこともあるが、
対話を繰り返すことで、新たな発見をすることが多いそうです。

また、
「ボランティアは自分の学びのため」と、休日は各地でボランティア活動をされているようです。
そのため、職種を超えた多くの人脈があり、幅広い層の方と知り合うことが楽しみだそうです。

その、ボランティア活動の一つとして、平和教育にも取り組んでおられ、
「あの日、1945,8,8 八幡で何が起こったのか~八幡大空襲から70年~体験者が語る言葉の遺産」
(地域の記憶遺産を支える会)の本を寄贈して頂きました。

1945,8,9 長崎に原子爆弾が投下されました。
当初は小倉(北九州市)の予定で天候などの関係で長崎になったことは有名ですが、
八幡空襲のことは知りませんでした。
ぜひとも、生徒の皆さんに読んでもらいたいです。
ありがとうございました。