HOME > 学校からのお知らせ > 学校公開日②中津北高校書道部パフォーマンスと挨拶等についてディスカッション(毎日新聞・大分合同新聞に掲載されました)

学校からのお知らせ

学校公開日②中津北高校書道部パフォーマンスと挨拶等についてディスカッション(毎日新聞・大分合同新聞に掲載されました)
2016年07月03日

日本一の中津北高等学校書道部が、本校にきてくれました。
すっごーく暑い暑い体育館に、本校生徒に加え、保護者、地域の方を含め約500名以上が
参観致しました。
その迫力にただただ圧倒です。
また、待っている間や補助をする生徒さんたちの背筋がピンと伸びた姿勢、声も素晴らし
かったです。
午後からの開催でしたが、朝から準備され綿密なミーティングを行っておりました。
また、言葉や書体、バランスを考えたり、この大きな紙を作成したり、色をつけたりと、
膨大な時間を費やしたことでしょう。ただただ頭が下がる思いです。

全員真剣に見とれておりました。真剣さ、姿勢、礼儀等多くのことを学ぶことができました。

また、特に3年生の見る態度が良いと、中津北高等学校書道部 渡邉先生にお褒めの言葉も戴きました。
3年生はもっともっと頑張ろうという気持ちになったと思います。ありがとうございました。

毎日新聞 7月5日 朝刊
 豊陽中 書を通じマナー教室 「甲子園」優勝、中津北高生招き /大分
  http://mainichi.jp/articles/20160705/ddl/k44/040/242000c

大分合同新聞 7月9日 朝刊
 中津市内の10中学 統一公開日設けPR
  https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/07/09/215506591?dnoa.userSuppliedIdentifier=https%3A%2F%2Fauth.oita-press.co.jp

本校の行動目標である
 自分がする
 みんなとする
 ほめあう
について、力強く、そして素敵に書いて頂きました。

音楽に合わせながら、心をこめて書いていました。

先輩からのメッセージ。受けとめました。
この大きな紙の準備だけでも大変です。 日頃の稽古の成果でしょう。チームワークもすごい
一筆一筆に魂がこもります。圧巻です。 暑い中でしたがみんな真剣に見ておりました

 

その後は、挨拶、マナーについて、本校生徒会執行部と北高書道部の方とディスカッションを行いましまた。

ディスカッションの様子です 顧問の渡邉先生から本校生徒へメッセージを
ディスカッションでは本校生徒から鋭い質問も 生徒会よりお礼の言葉です

 

生徒の感想
○今日、北高生の書道を見ました。とても暑い中でしたが、その中でふでを進めていき、とてもすごくきれいな字を書いていました。私も習字を習っているのでもっと上手になれるようにがんばりたいと思いました。

○北高との交流授業がありました。マナーや礼儀、あいさつの仕方などを教えてもらったので、これからは今日、学んだことを生かしてがんばりたいです。

○今日、北高生の書道パフォーマンスをみました。礼儀についても教えてもらいました。北高はとても礼儀正しかったので、私も見習って、北高生みたいに礼儀正しい人になりたいです。

○今日の5時間目はとても暑かったけど、その暑さもふっとぶパフォーマンスでした。あいさつは、すれば「気持ちよくなる」と言っていたけど、その通りだと思います。そんな小さなことから意識しているから、あんなすごいことができるんだなぁ、と思いました。

○北高のパフォーマンスを見てすごいなぁと思いました。字を書くときの迫力やかけ声はとってもすごかったです。音に合わせて、リズム良く、そしてとてもきれいに書いていてびっくりしました。

○北高生書道部の方々から学んで大切だと思ったのは、これまで当たり前だと思っていたあいさつです。親しい人にしかあいさつはしなかったけど、「おはよう」の言葉そのものが仲良くなるきっかけにもできるので、これからはしっかり言おうと思いました。