HOME > 学校からのお知らせ > 学校司書の実践が報道されました「西日本新聞(12/6と12/7 2日連続)」

学校からのお知らせ

学校司書の実践が報道されました「西日本新聞(12/6と12/7 2日連続)」
2017年12月07日

本校の学校司書、桑野由里絵さんの取り組みが、2日にわたって掲載されました。
著作権の関係で、新聞記事そのもののコピーはここには見せることができませんが、
以下のような内容です。

○12月6日(水) 西日本新聞 朝刊 大分版 「おおいた人模様」
「活字に触れる仕掛け多彩」というタイトルで、新聞の1/4の大きな記事として
取り上げられました。

生徒達の活字離れがさけばれる中、新聞や本を読んでもらおうと、
・新聞コーナーにおみくじ(ストローとロール紙の芯での手作り)
・手作りのクレーンゲーム機(段ボールとラミネートフイルム)
・ポイントカード
などの工夫を行ったことが注目をあびました。

2週間でイベントで、全校生徒の1/3以上の130人が、図書室で
本を借りにきました。

「本は知らない世界を沢山知ることができる。」
活字を通じて成長していく子ども達の姿がまぶしい。


○12月7日(木) 西日本新聞 朝刊 「超短波」
「図書室で新聞読んで運試し?」

6日は大分版のみの掲載ですが、ここでは西日本新聞を読まれている
全ての方が読むことができます。ありがたいことです。