HOME > 学校からのお知らせ > 自分にできること~SYD授業~

学校からのお知らせ

自分にできること~SYD授業~
2018年01月17日

1月16日(水)、SYD(公益財団法人修養団)青年部の青木富造青年部長と山口千恵子青年部次長をお招きし授業をしていただきました。SYDとは、supporting your dreams の頭文字をとったもので、日本国内外で色々なボランティア活動に取り組んでおり、今回は、ストリートチルドレン、マザーテレサの活動(死を待つ人の家の活動)、スカベンジャー(ゴミ捨て場で働く子どもたち)の三つについて映像を交えながらお話をいただきました。また、会の終わりには、神の子たち~パヤタスに吹く風~の朗読やストリートチルドレン出身の歌手が歌う「おめぐみください」というフィリピンの歌を聴かせてもらいました。生徒は、映像を真剣に見ながら、今の自分たちがいかに幸せなのかを理解するとともに、自分に何ができるのかを真剣に考えていました。

         

【生徒の感想】

・自分が今の生活ができていることが幸せであり、映像を見て申し訳ない気持ちになった。           

・生きるために、子どもたちが一生懸命働いている姿が心に響いた。

・本で知っていたが、映像を見て自分たちが幸せに生活できていることにあらためて感謝したい。

・自分が当たり前と思っていたことが、ストリートチルドレンやスカベンジャーの人にとっては、あり得ないほど裕福なことなんだと思った。