HOME > 学校からのお知らせ > コミュニティスクールを導入した理由

学校からのお知らせ

コミュニティスクールを導入した理由
2013年08月29日

「コミュニティスクールとは何か」の疑問に答えて

近年、全国的にも少子化・核家族化等の社会環境の影響により、道徳性・社会性が低下しています。

特に、しつけ(礼儀・作法)や規範意識の希薄化が心配されてきております。

八幡地区を対象にしたアンケート結果によると「学力向上」とともに「心の教育」「礼儀・作法」の指導を求める声が多くありました。

八幡地区は、学校と家庭・地域が連携・協力して、「地域全体で子どもを育てる」とする当事者意識があります。

しかし、連携・協力について、その「場」あるいは「機会」という視点で見たとき、地域行事の参加など中学校入学を機に、減少する傾向があります。

このような課題の「突破口」として、地域の財産である子どもの豊かな育ちを制度的に確保しようとするのがコミュニティスクール(学校運営協議会)です。

地域との絆を強め、将来の地域づくりの担い手を育てることを目的にコミュニティスクールを導入しました。