HOME > 各種活動 > 日出生大自然太鼓

各種活動

日出生大自然太鼓
2011年06月28日

【太鼓との出会い】

8年前、当時の先生方が特色ある学校作りのために、

「何か子どもたちがこのすばらしい日出生を誇れるような、そして自分たちの自信へつながるような取り組みはないだろうか。」

と考え始まった、『日出生大自然太鼓』。

最初は、一つしかない太鼓を交代で叩き、少しずつ上達していった。

徐々に太鼓も増え、いろんな場所で太鼓の演奏をを披露したりするようになっていった。

地域フォーラムでの演奏

【瑞宝太鼓との出会い】瑞宝太鼓のHPはこちら

4年前、人権教育の実践で交流を持った方の紹介で、長崎で活躍している障がいをもった方々から構成された

プロの和太鼓集団『瑞宝太鼓』と出会った。

メンバーそれぞれが障がいを持ちながら、太鼓を通して自分たちの夢に向かっていく姿は、当時の教職員や生徒たちに

驚きと感銘を与えた。

この出会いが『日出生大自然太鼓』にとって、多大な影響を与えてくれることとなった。

瑞宝太鼓との交流写真

翌年の2008年から3年間に渡り、「学校への芸術家等派遣授業」で、本格的に『瑞宝太鼓』との交流が始まった。

日出生中学校に来校し、演奏や指導をしてくれたり、こちらが長崎に訪問したりして交流を深めた。

2010年の玖珠町で開催された「ヒューライツフォーラム」では、『瑞宝太鼓』の曲である「息吹」を演奏した。

【今年度の日出生大自然太鼓の取り込み】

今年度は新入生がいなかったため、2・3年生5人での活動となった。

『瑞宝太鼓』から新曲「三音華蓮」を作っていただき、日々練習に取り組んだ。

5月5日の童話祭での太鼓フェスティバルを始めとし、今年度もいろんな場所で演奏をした。

そのたびに、3.11の東日本大震災で被災した気仙沼の大漁歌グループの人々と『瑞宝太鼓』の人たちが、

震災前にセッションをしていて生まれたという「息吹」を、復興の願いを込めて叩いた。

教育文化祭の演奏では、大分県教育庁動画チャンネルで取り上げられた。

動画チャンネルへはこちら

童話祭太鼓フェスティバル

童謡・唱歌コンサート

退職校長会での演奏

教育文化祭

大分交通アトラクション