HOME > 学校からのお知らせ > 人権集会~先輩から学ぶ~

学校からのお知らせ

人権集会~先輩から学ぶ~
2020年12月16日

人権集会で確認しました

 12月14日月曜日、文化部主催による「人権集会」が開かれました。

 集会では、田邊部長より人権集会の意義を説明した後、文化部の活働の

 ①クラスのいいところ探しプロジェクト ②スマイルツリー運動 ③合唱祭のふりかえり について

 各クラスの取り組みを発表しました。

 そして、その後緑陽中卒業生で現在藤蔭高校3年生の佐藤主理さんに「いじめ撲滅委員会」についてお話をしてもらいま

 した。佐藤主理さんは、6年前緑陽中の1年生の時に、「いじめ撲滅委員会」を立ち上げた人です。学年のトイレの壁に

 悪口を描いた落書きが繰り返された事件の解決のために、いじめが0になるまで活動を続けた経験を話してくれました。

 学年で「いじめ撲滅委員会」を立ち上げた1年生と、2年生に主理さんはアドバイスを2つしてくれました。

 1つ目は「みんなの気持ちに寄り添って活動するということです。まずいじめは悪いことであり,絶対に許されてはいけ

 ない行為です。しかし、いじめをしてしまった人にも何か悩みやトラブルがあったのかもしれません。犯人を捜してみん

 なで攻撃するのは簡単ですが、それでは、いじめと何ら違いはありません。やってしまった原因を見つけ救ってあげられ

 るような活動をしていってください。」

 2つ目は「根気強く活動を続けることです。みなさんが活動をしていったとしても事件やトラブルが起きることがあると

 思います。いらだちや憤りを感じることもあると思います。それでも活動を続けてください。いつか必ず変わるときがき

 ます。」

 先輩からこのような素敵なアドバイスをもらい、みんなもいじめをなくそうという決意を新たにできたようです。

 集会の最後に緑陽中の「いじめ撲滅宣言」を確認しました。

 人権集会 人権集会 人権集会