HOME > 学校案内 > 生徒危機対応マニュアル

学校案内

生徒危機対応マニュアル
2018年03月26日

 日本は自然豊かな国ですが、台風・大雨・大雪・地震など、多くの自然災害に見舞われるという厳しい環境下にあります。防災については、以前は、「災害はいつ、どこで起こるかわからない。だから日頃から備えが必要だ。」と言われていました。しかし、今は「災害はいつでも、どこでも起こる。だから日頃の備えが必要だ。」と言われるようになってきました。実際に平成28年4月の熊本・大分地震の際には私たちが生活する天瀬町も激しく揺れ、避難所へ避難した町民の方もいました。その後も余震が続き、不安感をもちながらの生活が続きました。

 このような災害に、どう備えるのか。その備えを十分にすることで、自然災害はなくせなくても、被害を減らすことはできます。そこで、登校日の朝の段階で、大雨や大雪等の状況下にあったときに、皆さんが登校についての判断・行動をどのようにすればよいか、また、在校時に地震や火災等が起きた場合にどのように判断・行動すればよいかについて、その基本となる対応をまとめました。

 生徒の皆さんは、この資料を熟知し、自分の身や命を守る対応をしてください。また、保護者の方と緊急時の連絡方法等について、話し合っておいてください。

東渓中学校生徒危機対応マニュアルはこちらをご覧ください。生徒危機対応マニュアル(東渓中).pdf