HOME > 学力向上の取組 > 平成27年度 大分県学力定着状況調査結果

学力向上の取組

平成27年度 大分県学力定着状況調査結果
2015年08月07日

 大分県教育員会が4月に実施した平成27年度大分県学力定着状況調査の結果が7月8日に届きました。 

 本調査は、毎年小学5年生と中学2年生を対象に実施されており、中学校では国語、数学、理科、英語の4教科が調査対象となっています。県教委からは、国語の「活用」と英語の「知識」「活用」が全国平均にとどかなかったとの発表がありました。本校においては、国語の「活用」と英語の「知識」が全国平均を下回る結果となりました。本校では、学力定着状況調査の結果を受けて今後取り組むべき課題を明確にし、その課題克服のための取組を2学期の学力向上対策に反映させました。

学力定着状況調査東渓中学校の結果はこちらをご覧ください。H27年度2年生大分県学力調査結果.pdf 

学力調査結果の分析による今後の具体的な取組についてはこちらをご覧ください。今後の学力向上の取組.pdf