HOME > フォトギャラリー > 能面教室

フォトギャラリー

能面教室
2018年01月18日

1月18日(木)

日本の伝統芸能についての学習を深め、能面師である石田清春先生の、生き方・物の見方・考え方を学ぶ目的で、1年生を対象に『能面教室』が行われました。

生徒にとって、遠い存在の伝統文化であろう『能』が、事前学習でのVTR視聴やお謡いの練習、そして『能面教室』によって、「少しでも身近に感じられ、興味をもってくれれば」と始まったこの取り組みも15年目を迎えました。石田先生が制作した能面に触れながら講話を聞き、舞も披露していただきました。

・能面をつけた時の視界は狭いとビデオで言っていたけど、実際つけてみるとほんとに狭かった。

・面をつけたとき、その顔に合うように演技するのが面白かった。

・舞はビデオで見るよりとても迫力があった。

・直方体の木からあんなきれいな面が作られていてすごいと思った。

            

                              

能のDVD視聴や調べ学習,お謡い「高砂」の練習をしました。世界に誇れる日本の伝統文化でありながら,調学習をしてもなかなか理解できず苦労をしました。しかし,中学一年生の生徒たちが,これからの生涯の中のどこかで興味をもったり,役に立つ日がきっと来ることを願って,教師ともども,石田先生の講話と制作された能面,舞に触れさせていただくことができました。