HOME > 学校からのお知らせ > 1学期終業式

学校からのお知らせ

1学期終業式
2017年07月20日

7月20日(木)

1学期の終業式を体育館で行いました。校長の式辞と生徒代表の1学期の反省を紹介します。

校長式辞(要約)

童話「ウサギとカメ」のカメは、常識的に考えれば負けるとわかっているレースになぜ参加したのか。カメはレースに「勝つ」ことではなく、「ゴールに向かって走る」ことを目的にしたと考えるのはどうだろう。ゴールにいち早くたどり着く「勝ち・負け」の結果にとらわれていたら、途中でやる気を失うこともあるかもしれない。しかし、目標を定めてひたすら努力をしていたら、いつかはゴールにたどり着くことができる。その努力の過程こそが尊いのではないだろうか。しっかり目標を定めた夏休みにしてほしい。

生徒代表の反省(要約)

1学期は陸上に頑張りました。夏休みは宿題を早く終わらせるために、苦手なところから取り組んでいきます。新人戦に向けて、部活動にも頑張りたいです。早寝早起きも心がけます。(1年代表)

1学期は積極的な発言ができなかったし、テスト勉強の時間が短かったという反省点があります。挨拶の声も小さかったと思います。2学期はきちんとできるようにしていきます。クラスとしては、提出物はよくなりましたが、私語や聞く態度で授業評価の減点があったので、2学期は減点されないようにしていきたいです(2年代表)

1学期は中体連の行事に頑張りました。総体、陸上、相撲にも出ました。みんなの頑張りでよい成績が残せたと思います。しかしその反面、学習への取り組みが甘かったので、夏休みにしっかり復習したいと思います。2学期はスタートから健脚祭(運動会)があるので、その準備も夏休みから始めます。(3年代表)

1学期は、歓迎遠足や立ち止まり挨拶、積極発言強化週間などさまざまな取り組みがありました。みなさんの協力でとてもよい活動になったと思います。今月29日に喜楽苑でのボランティアを行います。参加するみなさんはお手伝いができるようにしっかり頑張りましょう。8月6日のピースメッセージや2学期の文化祭への協力よろしくお願いします。(生徒会代表)