HOME > 校長室より > 校長あいさつ

校長室より

校長あいさつ
2019年04月10日

大明中学校のホームページに、ようこそお越しくださいました。

本校は、昭和43年に大鶴中学校と夜明中学校が統合して発足しましたが、平成25年に日田市初の施設一体型小中一貫校(大明小中学校)となり、本年度は7年目になります。

大分県西部の日田市(市街地から西方約10㎞の位置)にあり、校区(大鶴地区・夜明地区)は、福岡県のうきは市・朝倉市・東峰村に隣接しており、大正から昭和の初期に大蔵大臣として活躍した井上準之助の出生した地域であるとともに、日本有数の梨の産地でもあります。

校舎や体育館(屋内運動場)は、近代的なデザインで、地元産の日田杉をふんだんに使用し、木の香る快適な学習・運動空間が創出されています。

建物だけでなく、自然に恵まれ、教育熱心で学校に協力的な地域性など素晴らしい学習環境の中、子どもたちは、自分の夢の実現に向けて、充実した学校生活を送っています。

 さて、今年度、中学部は、17名の7年生(中学1年生)、14名の8年生(中学2年生)、17名の9年生(中学3年生)の48名の生徒でスタートしました。

子どもたちへの愛情に満ちあふれた教職員が一丸となって「ふるさとに誇りを持ち、人間性豊かにたくましく生き抜く児童生徒の育成」という教育目標を達成できるように努めています。

また、これまで以上に、地域とともにある学校づくりを目指し、コミュニティスクール(学校運営協議会制度)として教育活動を進めているところです。

小中一貫校のよさを活かすとともに保護者や地域の皆様の思いをしっかりと受け止めながら、生徒の育成に取り組んでいきたいと考えておりますので、ご協力とご支援をよろしくお願いいたします。

 平成31年4月10日 日田市立大明中学校 校長 吉永公一郎