HOME > 生徒の様子 > ロード to ジオパーク

生徒の様子

ロード to ジオパーク
2012年10月19日

 10月18日(木),大分県生活環境部生活環境企画課の恒賀健太郎主任を講師に迎え,本校体育館にて「おおいた姫島ジオパーク構想への取組~姫島にある魅力を探る~」と題して,姫島中学校ジオパーク学習会を開催しました。

恒賀主任は,

1.ジオパークとは

(1)ジオパークの活動

  (2)日本のジオパーク

2.おおいた姫島ジオパークについて

(1)おおいた姫島ジオパークの取組

    ①おおいた姫島ジオパーク推進協議会の結成

    ②ジオパーク学習会,ジオガイド養成講座,ジオツアー

ジオフォーラムなど

(2)姫島の魅力ある地質遺産

     ①観音崎の黒曜石,姫島の褶曲,金火山の溶岩,達磨山火山跡

      矢筈岳火山,稲積火口跡・海食洞,国東半島の石を使った古庄家

    

ことなどについて講演されました。

 最後に,全校生徒を代表して生徒会長が,「今日は私たちが知らなかった姫島のことを知ることができ,とても勉強になりました。私たちも来年のジオパークの認定に向けて,できることがあれば頑張っていきます。これからの授業や自分たちが勉強していく中で,自然のことや地理のことなどに興味関心を持っていきたいと思います。今日はありがとうございました。」とお礼のことばを述べました。

 この講演会を通して,生徒は魅力に裏付けされた姫島のジオ的な特性について知り,教育・観光・地域振興などにおいて姫島の持つ魅力を情報発信・ブランド化することの意義について学びました。そして,自分の生まれ育った姫島に一層誇りと愛着を持てるようになりました。

ジオパーク学習会 ジオパーク学習会

ジオパーク学習会 ジオパーク学習会