HOME > 学校長挨拶 > お世話になりました。

学校長挨拶

お世話になりました。
2019年02月19日

山の手中学校に平成28年に着任して3年が経とうとしています。

これまでの間 本当にありがとうございました。

子ども達にとって十分な教育ができたのか自問自答する日々です。

ただ、間違いなく言えることは、最高の子ども達に出会えた素晴らしい3年間だったということです。

朝、山の手中学では「おはよう」「おはようございます」と言った声があちこちから聞こえてきます。

授業が始まれば、課題解決に向けて、友達と協力しながら、自分の考えを深める姿。

清掃時には、冬の時期でも冷たいバケツに手をつけ、ひざをついて一生懸命に床をふく姿。

体育大会や文化発表会では、友と助け合いながら一致団結。真剣に取り組む姿。

なんといっても合唱コンクールのクラス合唱は圧巻でした。自然と涙がでてきました。

最後の卒業式。

涙に頬を濡らしながらも、緊張感に包まれた凛とした姿。3年間の成長を感じた瞬間でした。

卒業の歌 「道」 EXILE は一生忘れられない思いでの曲となりました。

この別れの時期、多くの子ども達が「ありがとうございました。」と感謝の言葉を伝えてくれます。

世の中で、こんなに多くの「ありがとう」を言ってもらえる仕事が他にあるでしょうか。

教師冥利につきます。

わたしから皆さんにお返します。

生徒の皆さん  ありがとうございました。

保護者の皆さん ありがとうございました。

地域の皆さん  ありがとうございました。

すべての関係の皆さんに 心より 感謝申し上げます。

『ありがとう ございました。』

                            

                             平成31年 3月31日   重岡 秀徳