別府市の北部に位置し、生徒数400名ほどの中規模校です。

HOME > 学校紹介 > 平成28年度 学校経営方針

学校紹介

平成28年度 学校経営方針
2016年04月15日

平成28年度学校経営方針

 

1 学校教育目標

「真摯に学び」、「利他の心」と「不屈の心身」を備えた生徒の育成

 

「真摯に学ぶ」とは、教師や友達の話に耳を傾け、素直に熱心に学ぶこと

   …聴きあい 学びあう 豊かな感性の育成 ⇒ 学力の向上

「利他の心」とは、自分だけでなく、他者の考えや、意見を受け入れる心や姿勢・行動

   …相手を認める心 豊かな人間性の育成 ⇒ いじめの解消

「不屈の心身」とは、体力的、困難な場面にぶつかっても克服していく体力と気力を持つ

   …くじけない心身 ⇒ 生きる力を育む

 

 

2 本校教育の基本的方針

課題解決に向け課題の背景を探り、生徒に寄り添い共感し、ともに生きるために指導していく教育活動に取り組む

 

 

3 本年度、本校がめざす姿とその取組

 <本年度の学校経営テーマ>

課題の背景を探り、共感し、指導する教育活動の実践

 

<本年度の取組>

①確かな学力の育成

 ○知識・技能や思考力・判断力・表現力・学習意欲等の学力の定着

  ・真摯な学びの場の確立

  ・話しあい、教えあい学習の積極的な導入

  ・授業規律の改善・確立

  ・課題の焦点化、明確化と「課題」「まとめ」カードの活用

  ・学級間、教科間等の格差のない授業の確立-連携の強化(提案授業等)

  ・家庭学習課題の工夫と学習時間の向上

  ・補充学習、定着学習、朝自習・とくとくタイムの推進

  ・長期休業中・土曜授業による学年別補充学習の取り組み

  ・学力調査や定期テストの分析と効果的な学年毎の対策

 ○新学習指導要領の実施を踏まえたカリキュラムの工夫開発

  ・ICT機器の積極的な活用

 

②信じあい、認めあう 心の育成

 ○規範意識を養い、思いやりの心を育てる教育の推進

  ・生徒会活動と連携し、各専門委員会の活動を通しての心の育成

  ・生徒の自己存在感を喚起させる生徒会活動、学級活動の組織的・効果的な取り組み

  ・部活動等を通じた言葉づかい、あいさつ、礼儀・マナーの育成

  ・生徒会活動と連携させた集会活動の活性化及び充実と集会規律の継続的な指導

   <①静かに入場・退場、②素早い整列、③静かに聴く>

  ・全教職員による清掃指導の取り組む

  ・体験活動の積極的な取り組み

  ・学級活動や係活動等の定期的な点検と振り返り活動の取り組みによる心の育成

  ・朝読書等、読書活動の奨励

 ○人権意識を育む教育の推進

  ・他者のためになった行動ができたかどうかの振り返りの機会を設定する。

  ・教職員、生徒相互間で称賛する機会を増やす

 

③健やかな体の育成

 ○心身の健康を保持増進のための学校体育・部活動等の充実

  ・体力向上の実践研究の推進

  ・体育環境、設備の整備

  ・集団行動様式の習得

  ・部活動参加率の向上と充実

  ・すべての部活動を通して、諦めない、我慢する心身を形成する

 ○安全・安心を確保する健康・安全教育の推進

  ・毎月24日を安全点検日とする

  ・携帯電話やライン等の情報教室の開催

  ・事故防止に対する掲示物の活用

 ○食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身につける食育の推進

  ・給食マナーの徹底

  ・給食指導・保健指導と連携した学習機会の充実と実施

  ・全教職員によるアレルギーの共通理解

 

④開かれた学校(園)づくり(CS活動の積極的な導入)

 ○幼稚園・小中学校のつながりを視野に入れた地域に開かれた学校組織体制の確立

  ・小中の学びの継続性を目指した交流の推進

  ・CSを中心とした地域や関係団体との継続的な連絡会・活動の実施

 ○「聴くこと」を徹底した学びあう授業等、教育活動の積極的な公開

  ・一人1回以上を目指した授業公開の実施

  ・毎月19日を中心に公開授業参観日を実施

  ・外部講師の積極的な活用推進

 

⑤教職員の資質向上

 ○子どもに寄り添った授業力・生徒指導力等の向上

  ・互見授業・相互評価の積極的な取り組み

  ・確かな学力向上を目指した計画的な校内研修の実施

 ○評価システム(PDCA)を生かした課題意識の把握と当事者意識の向上

  ・学校関係者評価等をふまえた学校改善の実施

  ・学校経営方針と連動した学期毎の自己目標の改善と教職員の意識改革

 ○学校組織体制の機能強化・充実 

  ・運営委員会の充実

  ・「報告・連絡・相談・確認」の徹底

 

⑥家庭との連携

 ○基本的な生活習慣の確立

  ・丁寧な説明による家庭・保護者との信頼関係の確立

  ・「中学校で身につけたい態度」チラシの配布・指導の徹底

  ・PTAと連携して「北中生への3つの願い」を推進する

    (1)さわやかなあいさつをしよう

    (2)家庭学習に力を入れよう

    (3)地域の活動にかかわろう

 ○学習習慣の定着

  ・家庭学習手引き等の作成、配布活用

  ・家庭学習への常時点検と称賛・激励

  ・生徒会活動との連携

 ○広報活動等の推進

  ・ホームページの積極的な更新

  ・各種通信等の積極的な発行

  ・生徒・保護者・教職員による愛校作業の実施

 

⑦地域との連携

 ○地域(公民館・スポーツ等)との協働活動の推進

  ・進路学習、青少年健全育成、教科授業、補充学習、部活動等へ地域人材の活用

  ・地域活動・行事への積極的な参加 

  ・職場体験学習への協力依頼

  ・公民館、校区民児協との連携強化

  ・交番、青少協、社協、少年補導員等関係団体との連携強化

 ○登下校中等の子どもの安全確保

  ・通学路の安全点検、亀川交番との定期的な連絡会

  ・生徒会活動と連動したCS活動の推進

  ・CS、PTA生活部との連携強化

 ○学校(園)教育活動の支援

  ・学校行事への積極的な参加依頼

  ・学校通信等の町内回覧依頼

  ・外部講師の積極的な招聘

  ・マスコミへの積極的な広報依頼

 

 

4 本年度、生徒に対する指導・支援において共通して取り組むこと

<北中のめざす生徒の姿>

  ① 授業に、まじめ、真剣に取り組む生徒

  ② 家庭学習に挑戦し、学習時間をのばせる生徒

  ③ 積極的に係活動や奉仕活動等に取り組む生徒

  ④ きれいな学校を意識し、掃除を真面目に取り組む生徒

  ⑤ 周りの人のためになる行動ができ、仲間を称えることができる生徒

  ⑥ 正しい言葉遣い、あいさつができる生徒

  ⑦ 我慢することができる生徒